« 株式会社創の10周年記念祝賀会に参加しました。 | トップページ | 町内の方の家の防錆塗装のお手伝いをしました。 »

ラストボンドは錆面にそのまま塗装できますか?

 あるお客様からラストボンドSGに関して質問がありました。

 ラストボンドSGについてお聞きします。
「錆面に深く浸透して、錆を抑える」との効能があるようですね。

 錆面を錆落とし作業をすることなく、そのままラストボンドSGを塗装してもよろしいのでしょうか?

 また酷いサビ面でもラストボンドSGで防錆できますか? とお問い合わせです。

 それに対する回答です。


 ラストボンドSGは「錆面に深く浸透し、錆を抑える力」があります。
 
 説明書もご参考下さい。

http://www.nc-21.co.jp/products/pd_02_03.html

 でも一般の錆止め塗料を塗装される前に、錆落とし作業はされますね。その程度はしてください。

 写真は錆落とし作業を待ったくせずにラストボンドSGを塗装した鉄面です。剥げかかった古い塗膜もそのまま抑えこんではいますが、この状態でラストボンドSGをそのまま塗装されるのはよろしくありません。これは悪い見本です。

 錆面と古い剥げかかった塗膜は錆落とし作業をされ、スクレパーやワイヤブラシ、ディスクサンダー等で除去してください。入念にされてください。

 そうした作業をされてからラストボンドSGを塗装してください。より防錆効果が出ます。
Rbsabi101_r


Rbsabi23_r

|

« 株式会社創の10周年記念祝賀会に参加しました。 | トップページ | 町内の方の家の防錆塗装のお手伝いをしました。 »

ラストボンドS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1161657/46794231

この記事へのトラックバック一覧です: ラストボンドは錆面にそのまま塗装できますか?:

« 株式会社創の10周年記念祝賀会に参加しました。 | トップページ | 町内の方の家の防錆塗装のお手伝いをしました。 »